ピアノ調律師になるには

天才教育のはじまり

 

音が聞こえる人は誰でもなれます

絶対音感がないとなれないのかと、心配する人がいますが必要ありません。ピアノや何か楽器を弾けないとなれないのかと心配する人がいますが必要ありません。しかし、在学中にピアノ演奏のレッスンを受ける人は多いです。

 

調律学校に入学して技術を習得します

調律学校の入学者は絶対音感のない人、ピアノを弾けない人も多くいます。学校では調律の初歩からていねいに指導していますので安心です。

 

調律学校では楽器店等の就職を斡旋してくれます

卒業後ほとんどの人は楽器店や調律所に就職して仕事を積み重ねて、中には個人のフリー調律師として独立する人もいます。

 

調律学校在学中に国家検定資格を取得する

国家検定資格がなくても調律師として仕事をしている人も多いですが、国家検定資格を取得して保持していた方がお客様の信用も増します。

 

ホールのコンサートチューナーも夢ではないです

調律の仕事を積み重ねてホールのコンサートチューナーになる人もいます。こういう調律師は、コンサートやレコーディングで忙しい毎日です。

 

  皆さんも是非ご自分の夢を実現してください